日焼け・シミを防ぐためには

シミを防ぐには太陽光に当たらなければいいと言いますが・・・

太陽の光が肌には悪いことは広く知られています。
太陽の光というよりも太陽の光の中に含まれている紫外線が肌に悪いのです。
これは昔から言われていることですが、紫外線がまったく悪者というわけではありません。
確かに紫外線は皮膚や目に悪い影響を与え、UVカットなる言葉がもてはやされています。
しかし、人体にまったく紫外線があたらないということになればこれもまた困ったことになるのです。

 

紫外線における利点を調べてみました。それによると、紫外線による利点やメリットは皮膚におけるビタミンDの生成ということです。
ある調査によると、ビタミンDが足りないことで多くの死者が出ているという調査結果も出ているのです。
ですから紫外線をまったく浴びないというわけではなく適度に当たらなくてはいけないということも覚えておきましょう。

 

また日照時間の少ない地域は大腸ガンや乳ガンなどが相対的に多発しているといった現状もあるのです。
確かに紫外線を浴び続けると、それだけで日焼けを起こして皮膚ガンなどの危険性がまします。
それに至らずとも、肌にシミを作ることは広く知られていますので、シミを防ぎながら、適度に紫外線にも当たらなくてはいけないという難しい選択を、私たちは迫られているといえるでしょう。

 

もっとも、普段の生活の中で直射日光になるべく長時間当たらないといった程度でいいと思います。特に若い時分はそれほど神経質にならなくてもいいでしょう。


日焼け・シミを防ぐためにはエントリー一覧

日焼けを防ぐ〜紫外線対策は徹底的に

シミ対策は紫外線対策といっても過言ではないといえます。夏場によく見かけるのは女性が車を運転するときに肘をかくすような長手袋をしている光景でしょう。そのくらい女性は日頃から日焼けには気をつけているということでしょう。シミなどは顔にできやすいといわれていますが、太陽の光が当たるところであれば体中のどこに...

続きを読む

日焼け後のアフターケアはどうるればいいの?

シミ対策としては日焼けにならないことが一番といえます。日焼けは子どもであるならば当然のことのように昔から思われてきました。しかしそれは子どもならではの新陳代謝が活発な成長期だから許されてきたことで大人になった私たちにとって日焼けはシミの元になるだけでなく健康被害を引き起こしかねないものなのです。まさ...

続きを読む

日傘を使って日焼け対策を!

夏の強い日射しの中では多くの女性は日焼けが気になると思います。ですから、日中出歩く女性にとっては日傘は欠かせないといってもいいでしょう。昔から女性にとって日傘は必需品となっていて、お洒落な日傘が毎年販売されています。その一方で日傘は女性の専売特許のようになっていて、男性向けの日傘というのはとんと販売...

続きを読む

日焼け後のシミを防ぐ化粧品について

男性にはないものとして日傘以外にもっとも大きいものがあります。それは女性の化粧でしょう。男性で化粧をするといったら、あちらの世界の人か芸能界のアイドルくらいのものかもしれません。また歌舞伎俳優などもいましたね。もちろんその人達は一般的なものではありませんから、世の男性のほとんどは化粧とは無縁と思って...

続きを読む


サイトTOP シミの原因について 食生活や民族性での違い 日焼けの対策