民族性とシミそばかすの関係

日本人は一般的にソバカスにはなりにくい

日本人は一般的にソバカスにはなりにくいといわれています。
一方欧米人は一見肌が綺麗なように見えますが、よくよく近くで見てみると肌がソバカスだらけといったことは多いのです。
実際に思った以上に欧米人の肌はすべすべでないことが多く、日本人のほうが肌は段違いに綺麗であるといえるのです。
それは民族性の違いが大きいと一般的に考えられています。
ソバカスを例にしていますが、シミについてもまったく同様のことがいえます。

 

欧米人はシミにもなりやすい

欧米人はシミにもなりやすいのです。
これは欧米人が太陽の光に好んで当たりたい性格からきているものかもしれません。
確かによく欧米人のライフスタイルを見てみても太陽の光に当たるのに別段帽子をかぶるわけでもなく、むしろ半袖半パンというように体全体で太陽の光を浴びようとしているようにも思えます。
欧米のほうが太陽光の中に含まれる紫外線が日本に比べて少ないわけではありません。
世界中どこにいっても太陽光の性質は変わるものではないのです。民族性が違うことが大きな原因ともいわれています。
長年狩猟民族であり続けた遺伝子が今も脈々と生き続けている証であるという人もいます。
現在は私たち日本人も欧米人のライフスタイルに限りなく近づいているといいますし、それは毎日の食事にもいえるのです。
日本人も欧米の人達のように肌がシミやソバカスで一杯になるときがそう遠からずくるかもしれませんね。それでも日々紫外線を遠ざける努力は続けなくてはいけないのです。


食事の違い

日本人は一般的にシミやそばかすにはなりにくいといわれています。
欧米の女性は遠目で見る肌が白くてとても綺麗に見えるのに、近くに寄って見てみると顔はシミそばかすだらけというような人をよく見ます。
これは体質的な違いが大きいといえるのでしょう。また、多くの識者が言うには長年にわたる食習慣によるものが大きいといわれているのです。
ご存知のように欧米人はその成り立ちから肉を好んで食べてきた狩猟民族です。

 

一方の日本人はどうかというと欧米人と同じような期間、お米を主体とした農耕民族であったのです。
このように食習慣がまったく違っていますから体格的な違いが起きて当然と言えるのです。
欧米人は体格が大きく、日本人は欧米人に比べて体が小さくなっています。これは長年の食習慣の違いによるものでしょう。
そして、戦後は特にそうなのですが、日本人も欧米人並みの食事を取るようになってきました。
これはこれで両者のいいところを取ったバランスの良い食事をとることはとてもいいことです。そしてそのような和洋折衷の料理は人気が高く、欧米でも日本料理はシミやそばかすの発生を抑えてくれる料理として人気が高くなっています。一般的に料理がどうであるかというよりも栄養素の摂取がシミ対策にはとても有効です。

 

なによりもビタミンAとビタミンCはシミ対策の基本的な栄養素となっていますので毎日欠かさずに摂取するようにしましょう。バターを使って炒めたソテーなどがいいようですよ。

民族性とシミそばかすの関係関連ページ

食事の改善
食事の改善でシミ対策を!シミの対策に最も効果的な野菜はブロッコリーです。
おすすめの料理
シミ対策におすすめの料理には具体的にどんな食材があるのでしょうか?

サイトTOP シミの原因について 食生活や民族性での違い 日焼けの対策